独り言

7/8ページ

ムエタイ

NO IMAGE

なかなか打ち解けられないご相談者様がいます。 お仕事でお会いしているので、好きとか嫌いとかでないんでしょうけど、どこをフックに心の鍵を開こうかなぁと。 特に女性ですと、沈黙が怖い。 何故かというとこんな苦い思い出があるから。 大学2年生になってはじめてお付き合いをさせていただいたのは、僕のバイトするコンビニ(サンクスね。まだあるのかな)の横のドラッグストアの女性。 そもそもお店によく来てたとなりの […]

つんく氏の働き方を見て思ったこと

NO IMAGE

先日テレビを見ていたら、音楽プロデューサーの「つんく」氏が子守唄を作曲するという内容の番組がやっていました。 つんく氏といえば、癌の治療のために声帯を摘出したばかり。 どんな風に仕事をするのかな?と思って見ていたら、会話はPCとタブレットでLINE(かな?)を使って細かにコメントを伝えるという形式。 あとは表情と身振り手振りと、楽器を使って音の表現をしたり。 本人は歌うことや話すことで自分を表現し […]

給料の相場を教えてくれ

NO IMAGE

給料の相場を教えてくれ 小規模な企業様になると、一人採用することが一大事です。 はじめて採用する職種で相場感がわからないから教えて欲しい。 この質問、とても健全だと思います。 僕は調査データを持っていないので人材系大手様の集計してるデータや、僕の手元にある求人、既出の求人サイトで近しい求人のデータで目安をお伝えしていますが、浅く広くいろんな業界を見てきたので、提示予定の給料が高すぎるか?低すぎるか […]

仕組みの中だからこそ

NO IMAGE

うまくいっている会社は仕組みができています。 仕組みを作ったのは初期メンバー。 どういう思いでそこに行き着いたんでしょうか? 相当な苦労があったと思うんです。 どうやったら利益を最大化できるか? どうやったら新人でもパフォーマンスを最大化できるのだろうか? どうやったら?どうやったら?どうやったら? ものすごい苦労があったはずです。 仕組まれたプロセスは楽です。とても楽です。 ただ、一つ思うのは、 […]

会社の沿革

NO IMAGE

最近、ご新規の企業様に訪問する前にすごく目を通す…というか見入ってしまう項目があります。   その企業の「沿革」です。   ベンチャーステージの企業様だと書かれていないケースもありますが、設立から10年経過したあたりだと、結構多くの企業様が沿革というページを作成されています。   歴史があるってすごいことです。   自分がいま、会社を経営しているからかもしれ […]

果報は寝て待ってていいのか

NO IMAGE

果報は寝て待て と言いますが、何をやってもうまくいかない時があります。 ご相談者様と僕で長い長い目線合わせをした末に、いざ選考スタートした途端、うまくいかない…どうやってもうまく進まないことがあります。 面接の場で戦うのはご相談者様お一人です。どんなに対策しようが、練習しようが、面接でその通りの問答が出るわけではないですし、思いもよらない評価をされることもあります。 最初に 「うまくいかなくても落 […]

ゆとりさとり

NO IMAGE

「ゆとり」とか「さとり」って言葉があります。   僕もたまに使いますし、弊社のサポート領域もまさにそのあたりなんですが、正確には、小中学校の学習指導要領がゆとり教育になった1987年4月から2004年3月生まれの子達とのこと。だいぶ幅広いですね。 確かに若い方の中には、何度話しても自分ごとに矢印を向けていないというか、自分の頭で考えようとしてないなぁという方はいます。何度言ってもなんど説 […]

退職とは何なのか

NO IMAGE

退職ってなんでしょう。 退職という行為は経営側と働く側にとって感じ方に大きな差があると思います。   経営側は、 せっかくここまで育ててやったのに 裏切りやがって と感じるかもしれません。   働く側は こんな環境で働かせやがって こんな低賃金で働かせやがって   と思っているかもしれません。 それでも、やり合わないのが日本人の美しいところで、お互いの気持ちを鞘に収め […]

話し過ぎてしまって反省

NO IMAGE

先日、人材紹介のCA(キャリアアドバイザー)を志望する方がお越しになりました。 なんだかんだで3時間近く熱弁してしまいました。 熱心に聞いていただいていたので良かった(と信じたい)のですが、業務効率的にはダメなお手本として自分を披露してしまったかもしれません。やはり、自分のやっている仕事となると頭にスイッチが入ってしまい、話し過ぎてしまうのでダメですね。 人材紹介でCAをやりたいという方は 転職で […]

ヒヤリ・ハットな感覚

NO IMAGE

このお仕事をしていると、全てのご相談者を支援できるわけではないなと思います。できたらいいなと常々思ってますが、私もまだ未熟な身です。細かいミスもしますが、実は事態が起こる前に防げたケースはとても多い気がします。 労働災害が起こる確率を出すものに「ハインリッヒの法則」というものがあります。ひとつの重大な事故の裏には29件の軽めの事故があって、その裏には300件の事故じゃないけど、結構冷っとしたやばい […]

1 7 8